Primary Planet

このページは 2006年09月 の記事一覧です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギター談議に花を咲かせよう

たのきんトリオ(懐かしい~)のよっちゃんがいろんなギタリストを招いてギター談議に花を咲かせる動画配信ページ。こういう企画は好きですね。これまでゲストとして招かれたのは、

  1. マーティ・フリードマン
  2. 鮎川 誠
  3. ROLLY
  4. 世良 公則
  5. 王様
  6. 斉藤 誠
  7. ACE
  8. ルーク篁
  9. 古市コータロー
  10. Char

と錚々たる面々です。特に ROLLY の回は最高に楽しいです。あなたも「笑うギター」を堪能してみて下さい。

スポンサーサイト

最強伝説 大阪のおばちゃん

警視庁が逮捕した私立札幌大の学生らによる振り込め詐欺の犯人は「東京は金持ちが多いと思った」と供述。一方、大阪府警が先月23日に逮捕した犯人は「大阪人は電話しても無駄が多い。なかなかひっかからない」とぼやいたという。

対象がデータを取りにくいものであるだけに、この供述は結構重要だと思います。

府警によると、電話をかけてきた犯人に「あんさんは、誰だんねん」「うちの息子は『オレオレ』いう名前とちゃいま(違います)」と、逆に質問攻めにして撃退したケースが多いという。

これとほぼ同じ内容のやり取りを、母親が実際にやっていたのを見たことがあります。オレオレ詐欺じゃなくてセールスの電話だったようですが。ともかく、電話の向こうにいる方が気の毒でした(笑)。

大阪人、とくにおばちゃんは、自分のイヤなことはイヤ、とはっきり主張する。話がおかしいと思ったり、疑わしい場合は躊躇(ちゅうちょ)することなく電話の相手に『怪しい』と意思表示できる

これは確かにそうだと思います。というか、はっきり主張しすぎw

大阪人は日常会話でボケ・ツッコミを楽しんでいるが、実は『ボケ』るには頭の機転が求められる。大阪人はふだんからボケを鍛えているので、予期しない電話にもとっさに対応できる

あの~これを読むと、大阪人って物凄く変な人だと思われそうなんですが…(^^ゞ

でもまあ、当たらずとも遠からじ、かな。


コブクロ ALL SINGLES

嬉しい特集ですが、ストリーミングファイルが 640x480 だったり 320x240 だったりマチマチで、「桜」だけが途中から始まる中途半端なものだったりするのはいただけない…

特集やるんならキッチリやりましょうよ!


DVD 焼きの醍醐味

1998年に NHK BS2 で放映されていた山崎まさよしの「One Knight Stand Tour '98」という番組を録画した VHS ビデオテープが出てきました。単独ギター弾き語りツアーのライブ映像です。これは素晴らしい映像なので残しておかなければなりません。MPEG2 としてパソコンに取り込み、早速 DVD に焼きました。

表ジャケット画像
表ジャケット
裏ジャケット画像
裏ジャケット
DVD レーベル画像
DVD レーベル

もちろん DVD+R を DVD-ROM 化してます。完璧なのではないでしょうか(自画自賛)。


風に吹かれて2006 ライブレポート

UDO MUSIC FESTIVAL 2006に一緒に行った後輩から突然電話があって、

今度の土曜日、空いてないですか? もし空いてたら、風に吹かれて2006へ行きませんか? チケットが余ってるんですよ~。席もメッチャええとこです!

特に用事も入ってなかったし席がいいのなら行ってみようかな? と軽い気持ちで応諾。そして早速行ってまいりました。

行ってみると確かにいい席で、

ちょっと驚き。こんな近くで見られるなんて…ラッキーでした。では軽くライブレポートを…

Skoop On Somebody

メインステージのトップバッター。いきなりコブクロの二人と佐藤竹善さんも登場。というか、私 Skoop On Somebody って名前は知っていたけどどんな人達かわかってなかったので、これが Skoop On Somebody のステージだってわかったのは大分あとです(^^ゞ。1曲目(「sha la la」の演奏が始まった時、あっ、これ知ってる~♪って感じだったんですが、Skoop On Somebody の曲だとはわかっていませんでした。これ、ちょっと前によくFMでかかってたよなあ、うん、いい曲だ。しかも中心になって歌っている人が武田雅治さんだってわかったのはもっとあと(爆)。

そして今度は根本 要さん(from Stardust Revue)が登場。うぉ~、小さいw。で、「夢伝説」を演奏したんです。

遠い昔のことさ 夢で見たんだ
燃える空に 包まれて

このフレーズを聴いただけで鳥肌が立ちました。本当にこの人は歌が上手いなあ。高音キツイんじゃない?って心配してると、実はス~ッと出るんだよね。あの感じ、大好きなんです。

で、Skoop On Somebody なんですけど、武田雅治さん、男前ですね。歌も超上手いし。羨ましい限りですな。

自信のない Set List
sha la la
夢伝説(featuring 根本 要)
永遠の星空
満点の星(featuring 夏川りみ)
止まらぬ思い(featuring 佐藤竹善 & 黒田俊介)
キミノユメヨカナエ
祈り

男湯のコーナー

サブステージにて。何故かみんな風呂桶とタオルを持って登場。最初は小渕くん(コブクロ)と馬場(俊英)ちゃん。この日のために「風に吹かれて」という曲を作ってきたとのことで初お披露目。小渕色がやや強めの曲でしたが、いい曲でした。馬場ちゃんって発音が独特だな…

小渕くんが退場すると、またまた根本さんが登場。馬場ちゃんのリクエストで「今夜だけきっと」を二人で演奏。ここに来て根本節全開。ギターも歌も最高だな、根本さん。もう惚れますわ。

根本 & 竹善コンビで小田和正さんの「君住む街へ」。ここで根本さんによる小田さんの年齢ネタで場内大爆笑。「スタレビを中学生時代によく聴いてました」と出演者全員が言うので、そのリベンジネタとも言いますw。この曲、私的にはあんまり馴染みがなかったのですが、いい曲ですね…

また入れ替わって小渕くんのリクエストによりスタレビの「追憶」を根本さんと二人で演奏。この演奏を聴いて…小渕くんってギターも歌も完璧だと常々思っていたんですが、やはり根本さんのほうが一枚上手ですね。さすが根本さん、25年間以上伊達に音楽をやっているわけじゃないですね。あの小渕くんでさえちょっと「子ども」に見えました。

最後は小渕と武田(雅治)で「コブタケ」による「永遠にともに」。武田さんのリクエスト。コブクロファンには申し訳ないですが…って何度も言い訳していたのがちょっと笑えました。コブタケによる「永遠にともに」も素敵でしたよ。

こういうコラボレーションをこれだけたっぷり聴ける機会ってなかなかないんじゃないかな。美味し過ぎますです♪

自信のない Set List
風に吹かれて(小渕健太郎 & 馬場俊英)
今夜だけきっと(根本要 & 馬場俊英)
スタートライン(佐藤竹善 & 黒田俊介 & 馬場俊英)
君住む街へ(根本要 & 佐藤竹善)
追憶(根本要 & 小渕健太郎)
永遠にともに(小渕健太郎 & 武田雅治)

絢香

ここからまたメインステージ。で、絢香さんなんですが超美人です。歌もパワフルで全身から声が出ている感じ。全く前知識なしで聴いたのですが、良かったですね。こういう女性がいるんだなあ。素晴らしい歌声でした。「三日月」での心のこもった歌い方にも非常に好感が持てました。頑張ってほしいな。(大阪出身の方だそうです)

自信のない Set List
Real Voice
三日月

夏川りみ

あぁ、この人、紅白歌合戦で見たことある~。あの「涙そうそう」で有名な方ですね。もちろん生で見るのは初めて。この人の声ってどうなっているんだろう? 高音になるほど声が太くなると言うか…全盛期のロバート・プラントみたいな感じ。

で、小渕くんが提供したという「さようなら ありがとう」も演奏。小渕色爆発のメロディ。売れるといいな。

自信のない Set List
涙そうそう
さようなら ありがとう

馬場俊英

実はあんまり知らなかったんです。今日初めて顔もわかったくらい汗。で、いきなり「ボーイズ・オン・ザ・ラン」。この曲はもちろん知っていました。コブクロもライブでやってたし。これってやっぱり自分のことを歌っているのかな?

「君の中の少年」。サビの部分を事前にみんなで練習してから、曲に突入。黒田くん情報によると、入りのテンポが異常に速すぎたとか(笑)。緊張してたのかな?

自信のない Set List
ボーイズ・オン・ザ・ラン
君の中の少年

佐藤竹善

クラプトンの "Change The World" を Char さんとコラボってたことくらいしか、実は知らない…汗。m(__)m

最初一瞬だけ、Tube の前田くん? と思ったのは内緒です。

自信のない Set List
心の扉
Seasons Of Change

松づくしのコーナー

サブステージ。ここで松たか子さんが一人で登場。み、見えない(笑)。近くで見られると思ったのにぃ!(だからモニターばかり見てました) で、

お友達ができたので紹介します。

のアナウンスとともに登場したのがぬわんと!スキマスイッチの大橋卓弥くんでした。これには会場も一瞬驚いてどよめいてました。二人で2曲を演奏。

松たか子さんが歌うところはもちろん初めて見たのですが、歌声が素晴らしいですね。びっくりしました。女優さんだという認識しかなかったので。非常に輪郭がはっきりしていて力強くしかも澄んだ声で、物凄く遠くまで届きそうでした。客席の最後列まできちんと届いていたんじゃないかな。竹内まりやさんの「元気を出して」の歌い出し、

涙など見せない 強気なあなたを

の部分が特に素晴らしかったです。グワ~ってきましたw。そしてコブクロも登場。黒田くんが大好きだという「ボクノート」を演奏。黒田くんの椅子だけが異常に高くて、それをネタに結構喋ってたな。

そして今度は根本さんと松さんの二人コラボ。根本さん、松さんの美形と歌の上手さを誉めちぎるMCを連発、少しでも一緒に居たい作戦で曲がなかなかスタートしないという…(笑)

今この会場で松さんの一番近くに居るのは俺です。

とか言って自慢してみたり。楽しいオッサンぶりを発揮していました。

自信のない Set List
明かりの灯る方へ(featuring 大橋卓弥)
元気を出して(featuring 大橋卓弥)
ボクノート(featuring コブクロ & 大橋卓弥)
500マイル~木蘭の涙(featuring 根本要)

HOME MADE 家族

シークレットゲスト。コブクロがライブで一緒になった時に、そのパフォーマンスがあまりにも素晴らしかったので今回呼んだら来てくれたそうです。言うてみるもんですね~とは黒田くんの言。

私、HOME MADE 家族って言われてもピンとこなかったのですが、演奏が始まった瞬間理解しました。あぁ、この曲かぁ~。ラップ系ミュージックなので今回の出演メンバーの中では異色ですが、歌心を大事にしたラップという感じ。グループ名の由来も「家族愛」だしね。あまり違和感はありませんでした。というか、結構好きになれそうな気がします。

3人の身長は低い方から、153cm・178cm・190㎝ だそうです♪

自信のない Set List
JOYRIDE
サルビアのつぼみ

コブクロ

最後はやはり大御所。今最も旬な楽曲のオンパレードです。「桜」は二人だけバージョンが聴きたかったな。でも堂々のステージング。

絢香ちゃんとコラボした「WINDING ROAD」はいい曲ですね。コブクロとはちょっと違うけど、コブクロだけバージョンも聴きたいかも。

…とここで、スキマスイッチの大橋卓弥くんが登場、「全力少年」を演奏。卓弥くんをコブクロが挟んで「全力少年」を歌ってる…なんか変な錯覚に襲われました。あれ、今日は何のライブに来てたんだっけ?…

このあと、コブクロとスキマスイッチのお互い誉めちぎり大会が開始。

黒田くん
スキマスイッチ、最近頑張ってますねぇ~
卓弥くん
なに言ってるんですか、コブクロさんでしょう、頑張ってるのは…

(笑)。今ノリにノッテル2つのグループのジョイント。これは貴重ですね。できれば常田くんも来たら良かったのにね。

お次は卓弥くんのリクエストで「blue blue」。卓弥くん、この曲が大好きなんだそうです。演奏終了後も、いい曲ですね~を連発してました。コブクロの二人は久しぶりの演奏にちょっと緊張気味?

「潮騒ドライブ」「轍」と定番曲が続いて、最後は出演者全員で「同じ窓から見てた空」。心地よい風に本当に吹かれながらライブは終焉を迎えました。

自信のない Set List
君という名の翼
彼方へ
未来への帰り道
あなたへと続く道
WINDING ROAD(featuring 絢香)
全力少年(featuring 大橋卓弥)
blue blue(featuring 大橋卓弥)
潮騒ドライブ
同じ窓から見てた空

全体的な感想

MTWB のようなバラエティに富んだ出演者達によるライブではなく、あくまで「アコースティック」と「歌」を指向するアーティスト達が集まったライブになっています。半分以上の時間を座ったまま聴けたので、私のような非若者(笑)でも最後まで疲れず楽しめる構成になっていたのが良かったですね。

来年も絶対行ってみたいなぁ~と思ったイベントでした。



Search Form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。