Primary Planet

このページは 2007年03月 の記事一覧です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Randy Rhoads

会社からの帰宅途中、ボーっとしながら本屋の前を通りかかると、

あれ? あれって Randy Rhoads やん。ギターマガジンのバックナンバーセールでもやってるのかな…

いや違いました。2007年4月号、つまり最新号です。次の瞬間もう手にとってレジに並んでましたw。今頃どうして Randy がいきなり表紙に登場してるの? とか思って電車内で読んでいたら、没後25年経つのだとか。そうかぁ、もうそんなになるのか…

学生時代、二日酔いのボーっとした状態でいつものように FM を聴いていたら、頭に突き刺さるようなサウンドが…痛い痛い。誰だこれ? この声は…で、ギターソロに突入しました。その瞬間、間違いなく全身に電流が走り出しました。

カ、カッコいい!! こりゃカッコよ過ぎるぞ。いったい誰なんだ?

とか言ってたらあっという間に次の曲へ…

うん? こりゃ打って変わってえらくポップな曲やなぁ…でもこのギターサウンド、最高やな。

で、ギターソロが始まりました。

!! またまたカッコええやないかい。ポップに作り込まれたフレーズもええのぉ。

でもその時は結局誰かわからず。その後の聞き込み調査wにより、その2曲が Ozzy Osbourne の曲であることが判明しました。その頃はレンタルレコード屋さん全盛の時代で、ファーストアルバム "Blizzard Of Ozz" を速攻でレンタル、早速聴いてみました。

どわぁ~!! スゲェ。カッコいい。あんた、カッコいいよ。ってあんた誰?

付属のリーフレットを見回してそのギタリストの名前をやっと突き止めました。Randy Rhoads

FM で聴いた1曲目は "Mr. Crowley" であることが判明しました。この曲のリフも素晴らしいのですが、ギターソロには完全にノックアウトされました。当時頭で思い描いていたロックのギターソロって正にこんな感じだったから。鬼気迫る、突き抜けるようなサウンドとメロディ。もうこれしかないと思いましたね。当然コピーしましたよ。もちろん耳コピです。音を拾っていく時、死にそうになりましたけどね(T_T)。これが原因で手持ちのテープレコーダーが壊れたに違いありません(笑)。

で、2曲目の方がわからない。Randy が正式に参加している Ozzy のアルバムはファースト以外ではセカンド "Diary Of A Madman" しかなく、これも借りて聴いてみましたが入っていないのです。うーむ、どこにあるんだろ? しばらく不明状態が続きました…

で、しばらくすると、"THE OTHER SIDE OF OZZY OSBOURNE" というアルバムが発売されているのを知り買ってみたところ、ようやく見つかりました。"You, Looking At Me Looking At You" という曲です。この曲のギターソロ、未だに大好きなんです。

Randy のことを書き始めると止まらなくなるので今日はこの辺で。

参考
お前ら、ミスタークロウリー弾こうぜ 2ndソロ(盛り上がってるなぁ…)
Video results for 'randy rhoads'
Video results for 'Dee "randy rhoads"'(みんなで "Dee" を弾こう!)
YouTube - Goodbye To Romance (A Randy Rhoads Tribute)(泣いてください)
スポンサーサイト

FC2blog におけるアップロードファイルの URL

FC2blog では、過去にアップロードしたファイルのURLが変更になったもよう。うちの場合、

1.
http://blog-imgs-31.fc2.com/p/r/i/primaryplanet/hogehoge.png

という感じ。しかしながら今日アップロードしたファイルを管理者ページで確認すると、なぜか

2.
http://blog-imgs-31.fc2.com/p/r/i/primaryplanet/honyahonya.png

となっている。Why? (^^ゞ そしてこのファイルに、

3.
http://blog-imgs-31.fc2.com/p/r/i/primaryplanet/honyahonya.png

でアクセスできるのかと思いきや、それは無理。え?

ちなみに上記1・2の画像には共に

  1. http://blog-imgs-31.fc2.com/p/r/i/primaryplanet/hogehoge.png
  2. http://blog-imgs-31.fc2.com/p/r/i/primaryplanet/honyahonya.png

でもアクセス可能。ますますわからん (^^ゞ 管理者ページにおいても、この点についてお知らせはないようだ。

これからは、アップロードしたファイルについてはとりあえず

に統一しておけばいいのかな。わかる方、Help me...


ロック部合宿

私は『ロック部』という任意団体に加入しています。これは昨年クラプトンのコンサート終了後、北新地の焼肉店における打ち上げ時に結成されたもので、部員は現在4名。前の部署の上司Nさん、その奥様、その友人、そして私です。ちなみに部長は私ということになっており、『ロック部長』と呼ばれています。この『ロック部』の第1回目の合宿が昨日から今日にかけて和歌山市のNさん宅で行われたので、そのもようをお伝えします。

今回の持参品
一心堂のイチゴ大福(← 超オススメ)
"The Fine Art of Surfacing" (The Boomtown Rats) の CD
"Showtime!" (The J.Geils Band) の CD
馬呆の自作 DVD
Hall & Oates の自作 DVD
Jeff Beck の自作 DVD
Van Halen の自作 DVD

これだけ持って行けばもはや無敵でしょう(笑)。好きな音楽をかけまくってお酒を飲みながら語り合う。音楽好きにはもう至上の喜びですね。Nさんは最近ボーズ社のCDブレーヤーを購入、これがまたメッチャええ音を出してくれました。大音量で鳴らしても音割れせずしかも低音がしっかり出ているので、ライブ盤なんか聴くともう最高です。ライブアルバム "Showtime!" を持っていったのはこれが理由です。予想は見事に的中、部屋の中が完全にライブ会場になっていました。いやー最高。

小さい子どもさんが3人いらっしゃったので、ここはやはり何かしないとなあと考えた私は得意のコインマジック(!)を披露しました。予想どおり子ども達は食いつきまくってくれまして(^^ゞ、トランプマジックも含め2時間くらいやらされました(T_T)。しかしながら小さい子どもさんと久しぶりに遊ばせてもらって、子どもってかわいいなあ、と再認識させられました…(うちの子はもう大きいからね)

子ども達が寝静まったところで、Nさん秘蔵のレコード鑑賞大会。もちろんアナログレコードをプレーヤーで聴きました。

こういうのをアナログレコードで持っていること自体が凄いですね。そしてこの時代のロックミュージックをアナログレコードで聴いた時のギターサウンド。そう、あの危ない感じ。何か悪いことをしている感じ(笑)。それを思い出させていただきました。あの音なんですよね、ドキドキワクワクするのは…

純米酒にバーボン、かなりお酒が進んできた丁度その頃、知らぬ間にNさんの奥様が最近ギターを買ったという近所の中学生に「今ロック部長が来ているからギター持って遊びにおいで」という内容のメールを発信、そしてその中学生が本当にギターを持って現れました(驚。15,000円で買ったというそのアコースティックギター、よく知らないメーカーのものでしたが、値段の割にはしっかり作られていて音のほうも決して悪くなかったです。で、なぜかロック部長によるギター教室が始まりました。酔った勢いで…その中学生は物凄く小さな音で弾いていたので

ギターっちゅうのはなぁ、これくらい力入れて弾かんとあかんでぇ~!

ジャーン!!(と弾いてみせる)

コードストロークの時は、濡れた水を振り落とす感じで右手をガツンと弦にヒットさせるんやでぇ~!

…といったアドバイスなのか酔っ払いの戯言なのかよくわからんコーチングを披露。でも不思議なことに、それだけでその中学生、結構サマになってきました。

俺って教え方上手いんかな?…

その中学生のセンスがいいんです。終わり(爆)。

…とその時、スピーカーからツェッペリンの『天国への階段』が!! ギター魂に火が点いた私は、中学生のギターを奪い取りジミー・ペイジとユニゾンだぁ~。イントロからサビ、果てはギターソロまで弾く始末です。もうアホですな (^^ゞ。

とかしている内に、その中学生のお母さんまでが来ちゃいました。

どうも大変お世話になりました。

い、いえ、こ、こちらこそ…弾いていたのはほとんど私です。ごめんなさい。(T_T)

その後も音楽を延々流しながら、夜が更けるまでお酒と会話が続きました。寝たのは3時頃かな…汗

Nさん、本当にありがとうございました。またやりましょう!


『PEACE BIRTHDAY』 by VOICEQUN

先日またまた仕事をサボってw中古レコード店にて物色していると、とあるジャケットが目に留まりました。

ふ~ん、VOICEQUN っていうユニットなのか。このギターの隣にあるのって何か楽器?

ジャケットの下のほうにある文字をよく読んでみました。

SEITI YAMAMURA
KOTARO OSHIO

なぬ? KOTARO OSHIO? 同姓同名?(んなアホな)

コータローちゃん、こんなCD出してたんですね~。全然知らなかった汗。

VOICEQUN とは、スティールパン奏者の山村誠一さんと押尾コータローちゃん(当然アコギ)によるデュオ。アルバムとしては

2枚が発表されていたもよう。今日は偶然にも2ndアルバムをゲットできてしまったというわけです。

で、音のほうなんですが…これまた不思議な音空間ですねぇ。スティールパンの独特でエコなサウンドとアコースティックギターサウンドのコラボ。これは癒されます、マジで。コータローちゃんはどちらかというと押さえ気味な感じで、空間を演出する方へ回っているイメージ。でも随所に現在の押尾節に通じる部分を垣間見ることができます。録音は2001年。ソロとしてのメジャーデビュー前ですね。自分の音楽を模索していた時期なのかな…

『PEACE BIRTHDAY』 Tunes List
  1. LITTLE NUTS ISLAND
  2. Rio Grandeを越えて
  3. Nothing on the moon
  4. のうがえいきぃ~
  5. 道まちがえた。けどOK!
  6. パピプペピクニック
  7. 学生街の喫茶店
  8. 空のアニマ
  9. 黒い髪に生まれて
  10. PEACE BIRTHDAY

5曲目『道まちがえた。けどOK!』の何ともほのぼのした感じが好き。自転車のチャリンチャリンの音も入ってますw。

もう一般では発売されていないみたいなので、どうしても欲しい人は中古屋さんへ行きまくって必死に探すか、ネットオークションで地道に待つか…まあ、頑張ってください(笑)。



Search Form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。