Primary Planet

このページは 2009年06月 の記事一覧です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レパートリーを整理する(岡崎倫典編)

最近はもちろん押尾コータローも練習している(「木もれ陽」とか「ティコ」とか新曲含む)のですが、比率的に言うと岡崎倫典さんの方が高いかもしれません。いろんな楽曲に手を付けているし…そこで以前にコータローバージョンでレパートリーを整理してみましたが、今日は倫典さんバージョンで整理してみることにします。

完成度ほぼ100%
雲の上の小さな島
一応MySoundにアップしてあるが、今ならもっと上手く弾けるような気がする(ホントか?w)
完成度95%
「Thanks My Dear」
弾けないところはほぼ無くなってきた。後は弾き込むだけ。
G線上のアリア
通しで弾けるようになったが、1箇所だけどうしても時々失敗するところがある。
完成度90%
「Platonic Zone with Lotus」
最近のヘビロテ曲。大好きだから。弾けないところはほとんど無くなってきたが、あの雰囲気を出すのがホント難しい…
完成度80%
「Time After Time」
だいたいは弾ける。もうちょっときちんとリズムに乗れるよう練習が必要。
完成度70%
「Your Song」
セーハしたまま2フレットから7フレットへスライド、更に続けて左手小指だけでスライド、の部分が何度やってもできない。あんなの、倫典さん以外に弾ける人いるのか? 汗
完成度50%
「めざめの瞬間」
チューニングを変えるのが面倒なので(笑)最近ほとんど弾いてない(^^ゞ
完成度30%
「Spiritdance」
まだまだこれから。
完成度20%
「Living Naturally」
チューニングを変えるのがやっぱり面倒なので(笑)最近ほとんど弾いてない(^^ゞ それにきちんと弾ける気がしない曲だとも言える…orz
完成度5%
「City Of Tokyo」
昨日初めて弾いた(爆) 凄くカッコいいので練習を強化するかも…

やっぱり今は「Platonic Zone with Lotus」ですね。倫典さんには珍しくGIBSON系の小さなギターを弾いてるような気が…ギターがポコポコ言ってるし。日本独特のワビサビの世界を表現しつつ且つアコギの良さが最大限に生かされているところが泣けます。宮崎アニメの挿入曲にしたらピッタリなんじゃないかなと思います。ってこの曲を知らない人にはチンプンカンプンですよね汗。じゃあ、MIDIでも…

この曲で1箇所ネックになっているのがコードFの押さえ方なんです。

「Platonic Zone with Lotus」の譜面の一部
15~16小節目

譜面を見て「簡単ジャン」と思われる方もいらっしゃると思いますが、この曲は Capo 7f で、このFはおそらく6弦を親指で押さえるパターンで倫典さんは弾いているはずなんです。その方が(他の小節も含めて)流れ的にスムースになるし。しかしながら、私がこのFを6弦親指フォームで弾くと頻繁に1弦が鳴らない(というか左手のどこかが1弦に触れてしまう)という症状が発生します。手の角度とか力の入れ具合とかをいろいろ工夫しているつもりなのですが、なかなか上手くいかないんですよね。練習を続けていればそのうち弾けるようになるのかな…

あともう1箇所。

「Platonic Zone with Lotus」の譜面の一部
31~32小節目

Amは普通なんですがその次のAmaj7/G#。ここの6弦4フレットは当然ながら小指で押さえるしかありません。これが…慣れないとかなりキツイです(T_T)。先週くらいからようやく押さえられるようになりましたけど、気を抜くと3弦あたりの音が鳴らない(消えてしまう)時があります。こういう運指でサラッと弾ける倫典さんって本当に凄いなあと思います。

あ、それはそうと、倫典さんのニューアルバムが8月19日に発売になるんですよ。

「Your Selection」 曲目リスト
  1. 花田植
  2. Bayside Resort
  3. 雲の上を散歩
  4. 影丸と14匹の仔猫たち
  5. Thanks My Dear
  6. トトラの島
  7. Misty Eyes
  8. 麻衣 '09
  9. 大地の輝
  10. City Of Tokyo
  11. Adieu!
  12. See You...

ファンのリクエストに応えて製作された再録のベスト盤です。全曲ギター1本による演奏とのこと。楽しみですねー(^^)。コータローのニューアルバム「Eternal Chain」も8月5日に出るし、この夏はアコギ三昧になりそうですな。(^^♪

スポンサーサイト

バンド練習 part2

本日は2回目の社内バンド練習日でした。場所は前回と同じで、朝10時30分スタート。斉藤和義の「歌うたいのバラッド」に続いて今回レパートリーに入れたのはスピッツの「空も飛べるはず」。昨日コードだけ取ってジャカジャカアコギを弾きながら歌ってみたんですけど、これ、無茶苦茶キーが高いじゃないですか(驚)。正宗くんは何の気なしに気だるそうに歌っているしあまりキーが高いという意識がなかったので衝撃的でした。高い方の「ラ」が頻繁に出てくる…うーん、こりゃ選曲ミスかも(爆)

まあとりあえず、ということで一発目に「空も飛べるはず」を通しでやってみました…うわっ! やっぱり声が出てへん(汗)

    C  G      Am    F   G    C
君と出会った奇跡が  この胸に溢れてる
      F G   Em Am    Dm7       G7
きっと今は自由に   空も飛べるはず

いわゆるサビですが、ここがもうダメ。「この胸に」と「きっと今は」がどうしても裏声になっちゃう(T_T) 昨夜ウイスキー(オン・ザ・ロック)を2杯飲んだのも影響しているのか(爆)イマイチ声がかすれ気味。やっぱり体調も整えておかないとダメね…

「空も飛べるはず」を2回やったら気分転換に「歌うたいのバラッド」をやる、というパターンで練習は進みます(笑) ドラムのNくんが結構新曲の方が大変みたいで、苦手な部分だけ取り出して全員で練習したりしてました。おー、何かバンドみたいや(だからバンドやってw)。最初声の調子がすこぶる悪かったんですけど、何度か歌っているうちに声が徐々に出るようになってきました。私はスロースターター、ということにしておきましょう(爆)

今日感じたのは、体力負けしてるってこと。後半、腹筋に力が入らなくなってきて声量が出ないんです。ボーカリストはよく腹筋しているって聞くけど、こういうことなんやなあ。実感しました。毎日腹筋してみるか…(^^)

それと実は今日、嫁さんのリクエストもあって、Roland R-09を持ち込んで練習を録音してみたんです。帰宅して聴いてみると、ビックリするほど綺麗に録れているので驚きました。AGC(Auto Gain Control)機能というのがあって、急に音量が上がっても音割れしないようにできるんです。いやー、最近の機械はホントよくできてますね。

せっかくなのでw、実はメッチャ恥ずかしいんですけど、練習中の音をほんの少しだけアップしてみます。最後から数えて2番目に録ったテイクなので、腹筋に力が入らずヘロヘロになっている私を堪能できます(爆)

20090621_utautai_no_ballad.mp3
「歌うたいのバラッド」の出だし部分

次回はコブクロの「轍」をやろうかという話になっていますが、やっぱりここはCharの「All Around Me」を強力にプッシュしておこうかな? (^^♪


最初に練習した曲

やっぱり休日はアコギばかり弾いているNoriyaでございます。だって面白いんだもん(子どもかっ!汗)。今日は知っているありとあらゆる曲を片っ端から弾くという暴挙に出ておりました。更に押尾コータローの「Dreaming」や「永遠の青い空」まで新たに手をつける始末。岡崎倫典さんの「Platonic Zone with Lotus」まで練習しちゃってます。「Platonic Zone with Lotus」は少し練習すれば弾けるんじゃないかと高を括っていたのですが、案の定倫典さんらしく信じられない左手運指が連発でメチャクチャ凹んでいます(T_T) ナメたらあかんぜよ!と反省…

そんなこんなでいろいろ弾いているうちに、ギターを始めた頃(中2の秋~冬)のことをふと思い出しました。私がギターを弾くきっかけになったのはあの「かぐや姫」です。最初に練習したのは「22歳の別れ」。正やん(伊勢正三)のギターソロが弾きたくてたまりませんでした。もちろんスリーフィンガーもやりました。明けても暮れても弾いてたなあ。一途なまでにストイックに練習していたっけ…

エレキギターで一番最初に練習した曲は確かDeep Purpleの「Smoke On The Water」だったと思います。コータローもライブで「Dancin' コオロギ」の時によく弾くアレです。ま、イントロは割と簡単だしディストーションをかけると即リッチーになった気分に浸れるから、というのが選んだ理由w。でも周りのみんなも弾いていたから自然とそうなっちゃった、というのが本当のところなのかも…

そして数十年の歳月を経て、約2年前にマーチンをゲットして本格的にアコギ練習を開始しました。最初に練習した曲がコータローの「桜・咲くころ」。弾いても弾いてもうまくいかず何ヶ月も放置したりして現在に至ります…今日はそんなことを思い出しながらホント久しぶりに「桜・咲くころ」を弾いてみました。

膝のところが捲れて脛毛がちょっと覗いているのは無視する方向で(^^ゞ 後ろに見えている毛布は昼寝の時に使っていたものです(爆) 昔のほうがもっと上手かったような気がする(ホンマかいな)。でもまあこれが今の実力なんでしょうね。サビの部分がなんかイマイチ。あっちこっちミスも連発してるし(T_T) それらはともかく「桜・咲くころ」は今でも本当に大好きな曲です。これからも弾き続けていきたいですね。

追記(2009年6月17日)
MySoundにもアップしました。若干ミックス方法を変更しています。
桜・咲くころ / Noriya@Martin:Noriya@Martinのユーザーページ - 音楽ダウンロード・音楽配信サイト MySound [マイサウンド]

あと昨日偶然YouTubeで見つけた動画で凄く気に入ったものを紹介します。

I heard this song and decided to figure out the chords for it and here it is. って書かれているところを見ると、彼女もこの曲を聴いてYouTubeにアップしようと練習し始めたってことかな? ギターはそんなに上手くはないけどきちんと弾いてるし、なんと言っても歌声が非常に素晴らしいですね。表情もグッド。それに「ただ撮っただけ」って感じが凄くいい。こういうのこそYouTubeで見たい動画だと思いました。素朴でシンプル、それがベスト。

私も音にいろいろ凝ったりするの、止めたほうがいいのかな…(^_^;)



Search Form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。