Primary Planet

このページは 2010年02月 の記事一覧です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALCATRAZZの日本初DVD

アコギの話が続くブログで突然ではありますがw、ついにALCATRAZZの日本初DVD「No Parole From Rock 'N' Roll Tour ~ Live In Japan 1984.1.28」が発売されました。発表があった年末に予約、1月末にDVDが到着してからもう10回以上見たかな。昔々何度も見た映像なんだけど、映像と音のクオリティは確実に上がってるしテレビモニターに久々に釘付けになって見てました。

ALCATRAZZって何?って人のために若干説明を加えておくと、古くはリッチー・ブラックモア率いるRainbowでその名を轟かせ、Michael Schenker Groupではどういうわけかアルバム1枚で見切りをつけられたw素晴らしいボーカリスト、グラハム・ボネットが中心となって、起死回生を狙って結成したハードロックバンドであります。メンバーはというと、

はっきり言ってボーカルとギター以外は知らない(笑)。でもグラハムが発掘したギタリスト、イングヴェイがその後のハードロックギター業界に及ぼした影響は計り知れないだろう。正に革命児だ。ハードロックにおいて「速弾き」は命だ。昔のギターキッズなら誰もがリッチーの「Child In Time」や「Burn」「Kill The King」を必死にコピーしたはずだし、Van Halenの「Eruption」を聴いてライトハンド奏法(今で言うタッピング奏法)とは知らずに「こりゃ人間技じゃねぇ!」とか言いながらため息をついていたはずだ。ギターソロは何はなくとも速さが命だったのだ。リッチーでも十分速かった。その後も速いとされる数あるギタリストが登場し、ギター好きは飛びついた。そこに登場したのがイングヴェイだった。

ALCATRAZZのファーストアルバム「NO PAROLE FROM ROCK 'N' ROLL」を初めて聴いた時は腰を抜かしたというか、脳汁が出たというか、ホントそんな感じだった。「これ、早回しじゃね?」みたいな憶測まで飛び出すほどイングヴェイのプレイは速かった。凄まじかった。いろんな噂が飛び交う中、満を持してイングヴェイが遂に来日したのだ。そこでみんなが見たものは…

「アルバムより速くね?」という感想がほとんどだったのではないか。それくらいイングヴェイは弾きまくっていた。ボーカルのグラハムがいるのを忘れているのでは?と思うほどまるで鬼神のように弾きまくっていた(たぶん忘れていると思う爆)。こういうのを「度肝を抜かれた」と表現するんだと思う。そこには誰も入り込むことができない、一種独特な音空間が出来上がっていた。

それにイングヴェイがギターを弾くシルエットが何とも美しかった。今では考えられないほどカッコいいルックスだし(笑)。当時まだ21歳。ちなみに私と同い年(驚)。

「自称速弾き」を気取っていたギタリスト達はこの映像を見て奈落の底に突き落とされた感覚に囚われただろう。この時のイングヴェイは正に圧倒的だ。この時代(1984年)にここまでエレキギターを速く弾きこなせた人はイングヴェイをおいて他にいないだろう。異論はあるだろうが、やはり速いというのはそれだけで素晴らしい。クラシカルなフレーズが大半だが、ロック魂を決して忘れないイングヴェイのプレイは沢山のハードロッカーの心に響いたはずだ。

今となってはイングヴェイより速いギタリストは沢山いるだろう。私も何人かは聴いた。でもイングヴェイのように「ロック魂」を感じさせる速弾きをする人はあんまりお目にかかったことがない。やはりエレキをやるならロックだ!! オススメ曲は

「Night Games」
グラハムのソロ時代の曲。グラハムのボーカルもいいけど、イングヴェイのギターソロが素晴らしい。もしアドリブで弾いてるとしたら凄い。天才だ。
「Big Foot」
変な曲調なんだけど、今聴くと妙にカッコいい。特にオープニングのリフが最高!
「Suffer Me」
バラード。楽曲、グラハムのボーカル、イングヴェイの泣きのソロ、もう何も言うこと無し。Great!!
「Evil Eye」
イングヴェイのソロ曲。これでもかと弾きまくる姿が最高。曲調がモロにクラシックで、当時としてはこういう曲は非常に珍しいものだったと記憶している。しかもカッコいい!

今となってはエレキギターのカッコ良さを再確認できる貴重な映像だと言えます。興味ある人は是非見てほしいです。

収録曲
  1. Too Young To Die, Too Drunk To Live
  2. Hiroshima Mon Amour
  3. Night Games
  4. Big Foot
  5. Island In The Sun
  6. Kree Nakoorie
  7. Since You've Been Gone
  8. Suffer Me
  9. Desert Song
  10. Evil Eye
  11. All Night Long
  12. Lost In Hollywood
  13. Kojo No Tsuki
  14. Something Else
スポンサーサイト


Search Form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。