Primary Planet

このページは 2012年05月 の記事一覧です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西村歩三昧の5月

今月はある意味西村歩三昧と言える月で、19日(土)は桃谷のアニーでのライブに参加、20日(日)は富田林のPRIMO PIATTOでマンツーマンレッスン、22日(火)は嬉嬉で普通に飲み会(笑)というスケジュールとなりました。大阪に3日間ほど滞在するって情報を入手したので飲みに誘ったら普通に来てくれました。エエ人です、マジでw

19日のライブは良かったですね。西村さん本人も言ってましたが、正に「ヒリヒリする」ライブ! 観客との距離感が半端なく近かったし超満員でしたのでそういう雰囲気になったのだと思いますが、今まで見た西村さんのライブの中で飛びぬけて良かったです。完全に自分の世界に入って演奏していてオーラが出てた。ああいうライブはなかなか見られないだろうなあ。ラッキーでした。

で、翌日は朝からレッスン。要点を纏めておこう。まずはPuppy。

サビの部分。5弦8フレットの中指を一瞬で薬指に入れ替えなければならないのだが、中指を離す時に開放の音が出ることがある。これをどうするか?

ベースを弾いてその指をすぐ移動させなければならない場合…できればギリギリまで指を置いておく、というのが良いんだと思いますが、こういう場合でも音が鳴らない外し方というのが何となくあるんですよ。いかに弦に負担をかけずにスッと離れていくか? ただその人の力の入れ方によって方法は変わってきます。

これは自分でいろいろ試してみないと正解は出ないやろな。自分なりに何となくはわかってるつもりやけど。あくまで何となく…

ここの移動が超難しい。どうしてるのだろうか?

サッと行くしかないですね(一同大爆笑) ここは気持ちが焦っちゃうんですよね、速く行かないと、と思って。こういう時こそギリギリまで余裕を持たしてみようという気持ちで弾くのが大切です。僕もこの部分は「ゆっくり!」っていう気持ちを心がけて弾いてますね。で、ここの音(1弦の4フレット)がきちんと鳴らないと必ず失敗します。ちゃんとこの音を鳴らすぞ!っていう気持ちで弾く、鳴れば大丈夫だ!という感じですね…あとは自分を信じるんです!(更に一同大爆笑)。

赤丸の音を私は1弦開放で弾いていたんだけど…

メロディにはできるだけ開放の音を使いたくないっていうのがあるんですよ。やっぱり(開放弦では)表現できないじゃないですか。ニュアンスがやっぱり違うんですよね。(開放弦では)不自然な感じがするんですよ…それに2弦と1弦じゃ音の太さや倍音の感じも違います。

このあたり、かなり拘りがある西村さん。深いな…

次はTime in Cafe。

赤で囲ったフレーズの1弦を、私は指をいろいろ入れ替えて(薬指も使って)弾いていたのですが、

それは(1弦は)小指で全部やっちゃうほうが良いと思います。そのほうが楽ですし、動きのミスの可能性を少しでも減らすということですね。

この1弦3弦の弦飛ばし高速フレーズはこの曲の後半にも出てきますし、nostalgieでも出てきます。こういう部分は全て3弦人差指・1弦小指に統一して弾いたほうがミスを減らすことが出来るってことですね。なるほど~~。

その他、夏の記憶、キンモクセイも教えていただきました。夏の記憶は耳コピ間違えてました(ToT)。

更に22日は嬉嬉で普通に4時間くらい呑みました。いろいろ話し過ぎて全部はとても書けませんが、一つだけ。西村さんがKenji Sugitaのギターを語り出すとメチャクチャ熱くなります(爆)。よっぽど好きなんやなー。

本当に西村さん、いろいろお世話になりましたm(__)m ありがとうございました。

今日からTOMORROWの練習を始めました。だいたい暗譜できたのでどんどん弾き込んでいきたいと思います。夏の間に撮れるといいなあ…(~0~)

スポンサーサイト


Search Form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。