Primary Planet


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿日時 : --年--月--日(--) --:--


JOURNEY - LIVE IN HOUSTON 1981 ESCAPE TOUR

2006年2月1日発売。全くノーチェックでした。今日たまたま Tower Record へ足を運んだら目に飛び込んできて、気がついたらレジの前に立ってました。(^^ゞ

なんたって、当時800万枚以上売れたあのウルトラスーパーアルバム "Escape" 発売直後のライブ映像がほぼ完全版で、且つリマスタリングされて既に出ていたなんて…知らなかったのが悔しい。私的には涙がチョチョ切れる程嬉しいです。(T_T) この頃の Journey は誰が何と言おうと最高ですからね。

過去に Journey Greatest Hits DVD 1978-1997 等で見たことのある映像も含まれていますが、映像も音声も非常に綺麗にリマスタリングされているので、ライブの様子が手に取るようにわかるのが超嬉しいです。というか、これだけの映像が残っていたのに今まで発売されていなかったのが不思議なくらいです(もう、いけずな人w)。特に音声のリマスタリングは本当に素晴らしい。グッジョブ。

音が格段に良くなったことで際立っているのがギターの Neal Schon のプレイ。私、あの頃はニールになることが夢でしたから。"Stone In Love" のイントロを弾けるようになった頃はギターを持ったら最初に必ず弾いていたし、"Who's Crying Now" のソロをマスターした頃は1週間くらいそればっかり弾いてエクスタシーを感じていました。もう、恥ずかしいけど。(^^ゞ

そしてボーカルの Steve Perry の歌の上手さが更に更に感じ取れるようになっています。特に "Mother, Father"。はっきり言ってこれ、スタジオ録音よりも絶対いいです。感情がほとばしり出ていて、そのボーカルに先導されるように演奏側も感情豊かな素晴らしい演奏になっています。これは絶対聴くべきですね。

Jonathan Cain のピアノも随所で光を放っています。この人が入ったからアルバム "Escape" が生まれたんでしょうね。ギターでニールをサポートするシーンもグッド。Ross Valory (B) と Steve Smith (Dr) も寡黙にリズムをサポート。

このライブには派手なライティングもないし、音楽だけで勝負している点がホントに好き。

おまけで当時のインタビューがいくつか入っているんですが、ニールがエリック・クラプトン(デレク アンド ドミノス)の誘いを蹴ってサンタナに加入した経緯とかが語られているのが興味深いですね。それに若いしカッコいいし。ニール最高。

ロックミュージックが好きな人は見て損はしませんので絶対手に入れておきましょう。今なら Tower Record でオンライン購入するのが安いみたいですよ … あっ、しまったっ!(T_T)

(ちなみに、このパッケージにはライブ CD も同封されています)

投稿日時 : 2006年07月11日(火) 00:51


コメント

Sugar
お久しぶり。
ジャーニーってまじめに聞いたことないのですが、なぜかスティーブ・スミスには会ったことがあります。
めちゃくちゃ良いヤツで、凄くフランクでまじめなヤツでした。
確かトム・コスタと来たときに会ってバックステージでもおしゃべりしました。スティックくれたんだけど、どこかへ行ってしまったなぁ。ヘッドもサイン入れてくれちゃったけど、どこへ行ったんだろう。というわけで、スミスさん、いい人だった想い出。
すいません、変なこと書いて。
2006年07月13日 (木) 22:47
URL
編集
Noriya
スティーブ・スミスに会った?どうして会えるんですかぁ?う~ん…

Sugar さんって、芸能人?(^^ゞ
2006年07月15日 (土) 22:38
URL
編集
Sugar
JazzFesの取材の時に・・・。
2006年07月17日 (月) 08:31
URL
編集
Noriya
あ~そういえばそういう仕事していらしたっておっしゃってましたっけ…
2006年07月17日 (月) 19:54
URL
編集

コメントの投稿

(N)
… サイトを持っている人は是非
(C)
… 半角英数4文字以上。編集するかもしれない時は必須。

トラックバック

本記事へのトラックバック URL
http://primaryplanet.blog5.fc2.com/tb.php/145-babe1efa


Search Form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。