Primary Planet


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿日時 : --年--月--日(--) --:--


富士登山

8月5日(土)~6日(日)、あの富士山登頂に挑戦してきました。その時のことをメモ。勤務先の上司・同僚、そして私とその嫁さん、総勢8名で行ってまいりました…

5日 7:30 A.M.

大阪・難波の大阪府立体育館前に5名が集合、バスに乗り込み出発。旅行会社のツアーで、バスには60名強乗っていました。

8:00 A.M.

新大阪駅到着。残り3名が乗り込み、富士山5合目へ向かって出発。この時点で全員が缶ビールを飲んでいたのは言うまでもありません。しかしながら日頃の疲れが出たのかほとんどの人がすぐ寝ちゃってました。ま、力を蓄えておかないとね。

5:00 P.M. 過ぎ

富士山5合目に到着。そして夕食をとりました。

非常にいい天気で、富士山頂もくっきりと見えていました。あそこまで登るんだな…

杖を買おうと物色していたら、突然若い中国人と思われる方に声をかけられ

私、もう要らないので、この杖使ってもいい有るよ。

と、その杖をくれました。幸先のいいスタートです。(笑) というか、あの中国の方、5合目まで登って満足したのかな?

6:00 P.M. 頃

いよいよ登山開始です。6合目へ向かったわけですが、なぜに下りなわけ?(^^ゞ 相対性理論上はそうなるのか?(違

…徐々に辺りは暗くなり、ヘッドランプを頼りに黙々と、ただただ足を前に運びます。7合目までは割とすんなり行けたのですが、いつまで経っても8合目に着きません。もう真っ暗です。人の話し声がほとんどしなくなってきました。

10:00 P.M. 頃

先頭にガイド役の方、最後尾にツアーの添乗員さんが付いてくれていたはずなのですが、休憩時間をかなり取ったにもかかわらず添乗員さんが一向に現れません。他のツアー客に何かあったのか?…ここでかなりの時間待たされることになりました。

歩いている時はそうでもないんですが、立ち止まると汗をかいていることもあり気温の低さが身に染みるようになってきます。とにかく寒い。マジ、寒い。さぁ、早く歩こうよ…結局30分近く待たされました。他のツアー客の方が気分を悪くされたみたい。

ここで私の上司は完全に風邪をひいてしまったようです…私も声を出すのが非常に苦しい状況でありました。とにかく8合目へ行かなきゃ。

6日 1:00 A.M. 頃

ようやく8合目に到着。予定時間より1時間以上遅れてしまったもよう。「何でこんなに人がいるの?」というくらい混雑していたのが原因でしょう。明日の朝食用にと弁当みたいなものを配ってました。そして山小屋みたいなところで仮眠です。

この柱と柱の間に7人寝てください。

な、なぬ? この柱と柱の間って、2メートルくらいしかないやん。頭と足が交互になるように一人一人天地逆さまに寝るわけです。もう人というか、モノですねこれじゃ。男女も関係ないし。(^^ゞ

でも疲れていたんで即効で寝てしまいました。上司の話によると、私、いびきをかきまくっていたらしいです…あっ、嫁さんのこと忘れてました。m(__)m

2:00 A.M. 頃

起床の声がかかったのでおもむろに起床。って1時間しか経ってないやん汗。で、もうスタートです。山頂へ向かうのです。山頂でご来光を拝むために…

もう声なんて出ません。ただ歩くのみです。山頂へ向かって歩くのです。あっ、嫁さんも頑張ってるな。俺も頑張ろう…

4:50 A.M. 頃

予定時間をオーバーしていたので山頂でご来光を拝むことは叶いませんでしたが、それでも素晴らしい天候に恵まれ、9合目を過ぎた辺りで見ることができました。地平線だと思われる、地球の丸みを帯びたような緩やかな曲線が見えており、ちょうどあの線のところから太陽が現れるのだと思っていたのですが、そうではありませんでした。

まず、その曲線の少しだけ手前の部分がほのかに光り始め、だんだん真っ赤に染まった球状のものが見えてきます。こ、これかぁ。美しい。これは確かに美しい。富士山という場所でしか見ることのできない、正にご来光ですね。写真撮影できればよかったのですが、歩きながらだったので結局うまくいきませんでした。でもあの雄大さを写真に収めることはできないんだろうな…

5:30 A.M. 頃

私たち夫婦二人は、他の6名から少し遅れていつの間にか逸れてしまいました。そしてガイド役の人から、

この混雑した状況だと時間の関係上、正規の道程では山頂に着く前に下山しないとなりません。しかし山頂からの下山ルートを逆行すれば何とか間に合うと思います。付いてこれる人だけ付いてきてください。

はっきり言って私はどうでもよかったのですが(汗、嫁さんがここまで来たならどうしても山頂へ行きたいとおっしゃるので、ガイド役に付いて行くことに…下山ルートは道が砂地になっており足を取られてこれまた登りにくい。おい、まだか? 山頂はまだなのか?…

6:00 A.M. 頃

うぉ~、あれか? あれが山頂か? やったぁ~遂に登頂成功だぁ~!
\(^ ^)/

やはり達成感はありましたね。登りきった充実感というか。こういう気持ちを味わうのは久しぶりだったかもしれません。

既に日は昇り暑いので、途中で身に着けた合羽やフリースのジャケットを脱いでバッグに詰めて…とかしていたら、

Noriya さ~ん、行きますよ~♪

同僚が私達を見つけてくれたようです。っておいおい、もう下りるんかい! ついさっき山頂に着いたばかりやのに。(T_T) それに朝食用の弁当も食べていないんですけど…

で、下り始めたわけですが、これが上りと違って目茶目茶速く下りられるんです。砂地の道の上を、何というか、スケートしているみたいに下りていく感じ? 6合目まであっという間でした。2時間半くらい?

6合目でビールを飲んだのは言うまでもありません。(アホ、というか用意していること自体アホ)

9:00 A.M. 頃

5合目も間近になってきた頃、突然何を血迷ったか上司が、

5合目まで競争しよう。最後になった人は全員にビールをおごることね。

アンタ幾つやねん。(^^ゞ というわけで、8名全員が徐々にスピードを上げていきます。嫁さんが即トップに躍り出ました。そんな体力いったいどこにあるんじゃ…私は上司の後ろに密かにピッタリ付いて、最後の100メートルで抜き去る作戦を取ろうと目論見ました。ところが…

その上司、スポーツ心臓なんだそうで脈拍が40チョイくらいしかないとか言っています。高橋尚子と同じだとか。要するに持久力が凄いわけ。徐々にスピードを上げていきます。しかも手に缶ビールを持ったままですw。私、付いていくだけで精一杯。これじゃいかん。先攻一発にかけないと…こうなるともう意地ですな。高校生の時に走り込んだ、あの瞬間を思い出すんだ!

嫁さん、余裕ブッこき過ぎて立ち止まってポカリを飲んでいたら、すぐ前にもうその上司が来ています。慌てて急ぐ嫁さん。笑えた。他のみんなは遅れているのか? それとも息を凝らしているのか?

9:30 A.M. 頃

あぁ、見えてきた。見えてきたぞ。あそこだ。ゴールは見えた。走れ!

上司も必死の形相で走り続けています。というか、富士登山でなぜ走らなければならないんでしょうか? あっ、同僚も走ってる。追いついてきた。というか、ゴールはどこ?

私:
ハァ、部長、ハァ、ゴールは門のところでいいんですよね?
部長:
ハァ~、ハァ~、あぁ、そうや。

私は一気に走り抜けました。第2位でゴール!! ヤッタね。(^^)v

すると後ろから駆け抜けてきた同僚たちが言いました。

ゴールはレストランの前やぞ~

おいおい、お前ら小学生かぁ? ここで8名全員が怒涛のダッシュを敢行! その辺りにいた他の登山者達、ビックラこいてました。まぁ、そらそうだろうね。富士山から下りてきてまだダッシュしてるんだから…もう、アホです。

嫁さんがベッタになるのは読めたので、慌てず7位でゴールイン。まぁビールくらいおごってやるよ…と思っていたら、上司が

俺が門のところまでって言っちゃったからなぁ。だから、この賭けは無し!

おごらなくて済みました。(^^)v

下りは砂地の道をすり足で歩くため、物凄い砂埃が立ちます。そしてこれを知らないうちに吸ってしまうんですね。口の中は砂だらけでした。というか、鼻、耳の穴も顔も全て砂だらけ。

嫁さん、下山後すぐトイレに行って鏡を見たらしいのですが、髭が生えていたそうです。写真撮られなくてよかったぁとか言ってました。(笑)

10:30 A.M. 頃~

バスでお湯の出ないお風呂屋さんへ移動 汗。何とか大慌てで入った後、バイキング形式のレストランへ。久しぶりの食事、って感じです。前日の夕方から水分以外はほとんど何も口にしていませんでしたから。とにかく肉系のものばかり食べました。もちろん生ビールを2杯飲んだのは言うまでもありません。旨かったなぁ。

1:30 P.M. 頃

バスで大阪へ出発…ところが…

中央道で事故、というか、1キロメートル程先でバスが炎上したらしいとの情報が…進まない、バスが進まないよ。1時間は停滞しているよ。大阪・難波への到着予定時間は 10:30 P.M.。オイオイ、今日中に帰れないんじゃなかろうか? とか考えながら泥のような眠りについてしまいました…

10:20 P.M. 頃

…で、蓋を開けてみるとほぼ予定時刻に到着。おい、運転手さん、交通法規をきちんと守ったんですかぁ?(^^ゞ まあでも、予定通り帰れて本当によかったです。やっぱり疲れてますもんね。

帰ってから食事するのも面倒だろうから、嫁さんと金龍ラーメン食って帰りましたとさ、めでたし、めでたし。

投稿日時 : 2006年08月14日(月) 15:01


コメント

Piri
ハニーも一緒に富士登山だったんですね♪w
普段から何か運動しておかないと厳しそう…(^▽^;)
楽しいご旅行だったみたいですね♪
競争…笑えました (〝⌒∇⌒〝)

話しによると登山って下りるときの方が、辛いって聞いたのに…富士山は、そうじゃないのね!!w
とにかくお疲れさまでした♪=*^-^*=
2006年08月14日 (月) 21:21
URL
編集
ちゅほ
きつい登山だろうけれどとっても楽しそうな様子ですねぇ♪
競争しながら下りるなんて若いなぁΨ( ●`▽´● )Ψ キャハ♪
後で筋肉痛なりませんでした?
2006年08月14日 (月) 22:06
URL
編集
けん
ワタシも去年富士山行きましたーっ
2006年08月15日 (火) 07:47
URL
編集
totti
富士山ツアーなんてあるんですね
しかし無謀なツアーですね
本来は素人の割合は1/3以下でないと
アルコールまで飲んじゃって
よく無事に帰ってくましたね
それとあれだけのご来光はめったに見れないんですよ
明け方は結構頂上は雲の中なんですよ
私はまだ拝んだことありません。
昨年は雷雲の中で死ぬかと思いましたからね。
2006年08月15日 (火) 10:02
URL
編集
Noriya
> Piriさん
けっして下山が楽チンだったというわけではないのですが、上りに比べれば、ということですね。
「富士に登らぬ馬鹿、二度登る馬鹿」なんていうフレーズもあるそうです…

> ちゅほさん
不思議と筋肉痛はなかったですね。痛いのを感じる能力がなくなってきているという説もあり。汗

> けんさん
お~、そうでしたか。ご来光は綺麗に見えましたか?

> tottiさん
お久しぶりです。今考えると確かに無謀ですね。(^^ゞ いい歳して調子に乗りすぎたかもしれません。
終始快晴だったので、ご来光シーンはこの世のものとは思えない程の美しさで圧巻でした。でももう一度登りたいとは思わないような気がします。(笑)
2006年08月17日 (木) 08:34
URL
編集
sugar
こんにちは。お久しぶりです。

下りで走るって……皆さん、随分頑健な膝の持ち主ですね(^^:

どちらかというと私は上りのほうが面白かったです。二度目は同行者とBeatlesのアルバムを1枚ずつ歌いながら上りました。最後は息を切らしながら(笑)。

下りは、雪渓など見つつ、だらだらと下りました。おっしゃるように土煙が酷い。富士山はやはり休火山、登るより遠くから見るがよし、といった感じでしょうか。

1988年8月8日はめちゃくちゃ人が居りましたが(まるでレミングの行列のようでした)、それでも柱と柱の間で寝る、ってことはなかったような。

ともかく、一度行ってみるのは面白いトコですね。話のタネにもなるし。
2006年09月08日 (金) 00:57
URL
編集
Noriya
こんにちは。

> 同行者とBeatlesのアルバムを1枚ずつ歌いながら

これはいいですね。たくさん曲もあるしw。
私はもう二度と登らないと思います(^^ゞ
2006年09月17日 (日) 14:17
URL
編集

コメントの投稿

(N)
… サイトを持っている人は是非
(C)
… 半角英数4文字以上。編集するかもしれない時は必須。

トラックバック

本記事へのトラックバック URL
http://primaryplanet.blog5.fc2.com/tb.php/152-e5099ef6


Search Form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。