Primary Planet


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿日時 : --年--月--日(--) --:--


GUITAR KIDS DREAM

私とほぼ同世代のギタリストで鈴木賢司さんという方がいます。その昔「天才ギター少年」という触れ込みで突如ミュージックシーンに登場、コミカルなルックスとは裏腹なその強烈なギターテクニックに誰もが舌を巻いたんじゃないかな。私も一目見て「なんじゃこいつはー!!」とビックリ仰天、最初のミニアルバムももちろん買いました。

ELECTRIC GUITAR
ELECTRIC GUITAR
Tunes List
  1. SPARKS!!
  2. 翔べ フェニックス
  3. GUITAR KIDS DREAM
  4. SEA SIDE サハリ
  5. ZANGELL

1曲目「SPARKS!!」を演奏しているところをテレビで見たことがあるのですが、ギターと完全に同化している感じで「自由自在にギターを操るってこういうことを言うんだろうな」と思いました。強烈なインパクトでしたね。リッチー・ブラックモア+ヴァン・ヘイレン+ブライアン・メイという感じだったかな(笑)。この時の放送が物凄く印象に残っているんです。今でもたまに思い出しますもんw。それはなぜなのかなぁと考えると、「俺、本当にギターが好きなんだ」ということが画面から滲み出ていたからなんじゃないかなと思います。それがいいなぁと、うん。こっちもギターを弾きたくなってきます。

その後、機会があってもう1枚アルバムを聴きました。

PURE ELECTRIC
PURE ELECTRIC
Tunes List
  1. THIS IS ROCK!(MAKIN' FOR THE TOP)
  2. NEW SPORTS(TOO MAD VERSION)
  3. SLIME BALLS
  4. JP'S JAM
  5. HOW COME THE SUN GOES DOWN
  6. ALL THINGS MUST PASS
  7. SEA SIDE SAFARI
  8. A CONCERTO FOR JOHN
  9. SCHOOL'S OUT

このアルバムが超強力。たぶん鈴木さんは何も考えてなかったんじゃないかなw。もろリッチーだし、イアン・ギランの雄叫びが入ってるし(笑)。正にやりたい放題なアルバム。大はしゃぎしながら録音している風景が目に浮かびます。あぁ、楽しそう。このアルバムはホントよく聴いてましたね。

この鈴木賢司さんのことをふと思い出して、今どうしてるんだろうなあとネットで検索してみたら、

…とサイトが見つかって

1964年東京まれ、天才ギター少年としてデビューし、元クリームのジャック・ブルー スとの競演をきっかけに渡英、ロンドン在住18年

[ Kenji Jammer Biography ]

うわぁ~、今でもギター弾いてるんだ。しかもロンドンで18年も現役で?

なぬ? あ、あの Simply Red のツアーに参加してるの? す、すげぇ…頑張ってるんだなぁ…

さあ、俺もギター弾こうかな。

投稿日時 : 2006年10月14日(土) 10:03


コメント

Piri
音楽ってやっぱり楽しそうにしてるのを見るのが一番好きですね♪
歌を歌われてても…
あぁ音楽好きなんだろうなぁ…ってw
それだけでこっちも楽しくなってしまいます♪=*^-^*=

だからライブとか行ったら、思いっきり楽しんじゃいますねww
ノリノリです ( ̄m ̄〃)ぷぷっ!w

楽しい雰囲気は、人に伝染しますよ!!絶対♪ ヾ(@^▽^@)ノ

いい音に浸りたいです♪
♪((O(〃⌒▼⌒〃)O))♪わくわく
2006年10月14日 (土) 21:16
URL
編集
Noriya
ライブって、見知らぬ人の前で大声出しちゃったり踊っちゃったりするでしょ?それって普通は絶対にないことですよね。

ライブは特別な空間なんですね。
2006年10月15日 (日) 20:13
URL
編集

コメントの投稿

(N)
… サイトを持っている人は是非
(C)
… 半角英数4文字以上。編集するかもしれない時は必須。

トラックバック

本記事へのトラックバック URL
http://primaryplanet.blog5.fc2.com/tb.php/164-052ee5ad


Search Form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。