Primary Planet


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿日時 : --年--月--日(--) --:--


アコギ練習 その2

ホントようやくなんですが、コータローちゃんの「桜・咲くころ」を通しで弾けるようになってきました(遅。もう1年半近くになるのか…実はギターを全然練習していなかったので、ここ1週間くらい集中的にやったら急に成長して(笑)形になってきたという…やっぱり練習は続けてやらないとダメですね (^^ゞ

で、ギターを触っていて感じたことなど。以前の私にはギターを弾く際の左手の形や動かし方の美しさに妙にこだわりがあってw、効率的かつ合理的じゃないと嫌だったんです。かつ、よりギター的でないとダメ。特にセーハ(1~6弦を左手人差指で全部同時に押さえること)を使ったコードの押さえ方とか。例えば「桜・咲くころ」にはこういうフレーズが出てきます。

上段
いわゆる楽譜。音符の左側にある数字は左手のどの指で押さえるのかを表しており、0 - 開放弦、1- 人差指、2 - 中指、3 - 薬指、4 - 小指。(ここでは仮に p - 親指 とします)
下段
いわゆるタブ譜。上から下へ1~6弦を表しており、数字は左手で押さえるフレットを表します。

さて上のフレーズなんですが、普通はいわゆる F 系バレーコードの G を意識しながら押さえるでしょう。 楽譜でもそうだったし。つまり、6弦の3フレットは左手人差指に固定されるわけです。昔の私ならまずこう押さえたと思います。

しかしながら現在の私は、なぜか左手の親指を多用するスタイルに変わりつつあります。どういう訳かその方が押さえやすく感じるようになったし、ギターをキーボード的に捉えている感じがして好きなんです。すなわち、左手親指 - ピアノを弾く時の左手、左手人差指~小指 - ピアノを弾く時の右手、という感覚。よって、私はこういう感じで弾いています。

あれ? よく考えたら 7th の音弾いてませんね。ダメじゃん! (^^ゞ

もう少し頑張って練習して、人に聴かせられるくらいになればいいな…

投稿日時 : 2006年10月22日(日) 14:50


コメント

Piri
ギター弾けないから、ぜんぜん分かんないけど…(^^ゞ
いつかライブするなら声かけてね♪
(〃⌒ー⌒〃)ゞ
2006年10月23日 (月) 14:04
URL
編集
ちゅほ
ライブ楽しみにしていますねぇ♪
2006年10月23日 (月) 20:10
URL
編集

コメントの投稿

(N)
… サイトを持っている人は是非
(C)
… 半角英数4文字以上。編集するかもしれない時は必須。

トラックバック

本記事へのトラックバック URL
http://primaryplanet.blog5.fc2.com/tb.php/167-f6a9b1c5


Search Form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。