Primary Planet


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿日時 : --年--月--日(--) --:--


Air Checker II

前回に書いた予想がまんまと的中し、新サイトの更新に邁進し過ぎてギターの練習を怠り気味の Noriya です。日々 Google や Yahoo 等検索エンジンを駆使して押尾コータロー情報の収集に余念がありません。しかしながらこういうことをやっていると時々思わぬ情報に出くわすことがあったりして新鮮な気分になれるので、なかなか飽きがこないですね。やがてはくるんだろうけど…

で、今日は押尾コータローも使っているというアコギ用メンテナンスグッズを見つけたので紹介したいと思います。

ハードケース内の湿度をギターにとって最適な状態に保つインテリジェント・マットなんだそうです。乾燥剤をハードケースの小物入れに入れている人を昔はよく見かけたものですが、この Air Checker II の場合はちょうどサウンドホールを隠すようにギターのトップ部分を覆う形で使用します。

Air Checker II 使用方法
Air Checker II のセット方法

この Air Checker II をハードケース内のギターにセットすることで、湿度(相対湿度)50%を境に多湿の時は吸湿効果を、乾燥の時は放湿効果を発揮するとのこと。つまり常に湿度が50%くらいになるよう自動的に調節してくれる、というわけです。何だか非常にヨサゲな感じですよね?

先日リペアをお願いした VELVET GUITARS の松垣さんによると、

アコースティックギターのトップの板は、季節による温度・湿度の変化でかなり浮き上がったり沈んだりする。それが原因で弦高が変わってしまうこともある。

とのことなので、できるだけ現在のギターの状態をキープしたい人にとってはこの Air Checker II は効果があるかもしれません。お値段は税込で1,955円なので、これでギターが守られるなら大変お得な投資と言えるでしょう。もっとこだわりたい人は、厳密な温度・湿度計「AIR CHECKER AC-4000」も併用すれば完璧なのではないでしょうか。

私も是非試してみようと思います。

投稿日時 : 2007年10月07日(日) 10:19


コメント

コメントの投稿

(N)
… サイトを持っている人は是非
(C)
… 半角英数4文字以上。編集するかもしれない時は必須。

トラックバック

本記事へのトラックバック URL
http://primaryplanet.blog5.fc2.com/tb.php/219-21a7d78e


Search Form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。