Primary Planet


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿日時 : --年--月--日(--) --:--


旅の途中 part2

昨日今日で押尾コータローの「旅の途中」を一応最後まで採譜しました。いつものとおりリピートで誤魔化したり、細かいハーモニクスはちょっと省略して…というか、???なところも未だにあるので完成度は90%くらいかな。まあこれでとりあえず来週からは練習に専念できそうです。

タッピングハーモニクス、ネイルアタック、ボディヒット等に加えて今回オクターブ奏法も効果的に使われており、正にコータローのギターテクニック満載の楽曲です。しかしそういったテクニックもさることながら、曲が素晴らしい。メロディ、テンポ、雰囲気、全部が最高に良い。私的にこれだけコピーしがいのある曲もなかなか無いかもしれません。

ほとんどの小節の2拍目と4拍目にネイルアタックによるノイズが入っており、まるでスネアドラムがリズムを刻むような役割を果たしています。そしてリズムが若干ハネ気味。このあたりが全体を通じたポイントかな。

57~59小節目。ここは両手タッピングです。左手は実音、右手はタッピングハーモニクス。「Merry Christmas Mr. Lawrence」や「AQUA-MARINE」にも出てくるアレです。そんなに難しくはないと思いますが、突然このフレーズが出てくるので心の準備が必要かもしれません。

79小節目以降。ラストの、左手がコード移動しながらの右手タッピングハーモニクス。コードはこれで合ってると思うのですがいかがでしょうか? 1~3弦は常に開放弦です。今日はここだけを20回は弾いていたような気がします。だってカッコいいじゃないですか!!(笑)

MIDIで両手タッピングやコードストロークを本物らしく表現するのはかなり難しいな(^^ゞ

一通り終わってからMASHさんの動画を見てみたんだけど、左手のポジションが若干違いますね。確かにMASHさんのポジションじゃないと(まだ譜面には入れていない)ハーモニクスが出せないかも。うーん、再考の余地あり。

今日の教訓
この曲のナチュラルハーモニクスをうまく出すためには、右手親指の爪を伸ばしておくほうがよい。
細かい音にとらわれず、右手のオルタネイトを意識してリズムに乗りつつ楽~♪に流す感じで弾くべし。

さあ、来週からは本格的に練習してみよう。皆さんもどうですか? (^^♪

投稿日時 : 2009年09月27日(日) 22:30


コメント

ひろ
お疲れ様でした~
2009年09月28日 (月) 08:12
URL
編集
MASH
今は、youtubeの時とちょっと運指変えてます~(^。^;)
2009年09月28日 (月) 15:32
URL
編集
Noriya
To ひろさん
あとは弾けるようになるだけです(爆)

To MASHさん
そうでしたかー(^^)
まだ???な箇所がいくつかあるので…でも雰囲気が出そうなところまでは音を採れたと思うので練習頑張ってみます♪
2009年09月28日 (月) 21:16
URL
編集

コメントの投稿

(N)
… サイトを持っている人は是非
(C)
… 半角英数4文字以上。編集するかもしれない時は必須。

トラックバック

本記事へのトラックバック URL
http://primaryplanet.blog5.fc2.com/tb.php/319-c692cebb


Search Form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。