Primary Planet


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿日時 : --年--月--日(--) --:--


MySoundからYouTubeへの移行

哀しいかな、MySoundのユーザースペースが2009年12月22日(火)をもって閉鎖されることになりました。私自身ネットで自演作を公開するきっかけになったサービスですし、著作権等をクリアして安心してアップロードできるサイトとして随分お世話になってきました。しかし現実は厳しくサービスは終了します。

となるとマイページに置いてあるMP3ファイルも消滅してしまうということです。これまで長い間公開してきたファイルなのでこのまま公開を続けたいなあと誰しも考えることでしょう。私も同じく考えました。さて、どうするか。

まず頭によぎったのはYouTubeへの移行です。既に自分のチャンネルもあるし、スムースにファイルを移行できるならややこしくなくていいですからね。MUSIC TRACK等のMySoundライクなサービスも考えたのですが、やはりYouTubeがいい。これだけメジャーになったし海外の人にも聴いてもらえるわけだから、これをきっかけに新しい交流が始まるかもしれないですしね。

で、YouTubeへファイルを移行するにあたり真っ先に考えたことは「MySoundの時とできるだけ同じ音質を保ちたい」ということです。私はMySoundでは固定ビットレート160~192kbpsのMP3ファイルを基本にしていました。録音・編集したWAVファイルを午後のこ~だでMP3化することが多いです。MySoundではこの方法で作成したMP3ファイルをそのまま再生してくれます。だから自分のPCできちんと確認してからアップロードすれば希望どおりの音質で聴いてもらえたのです。

YouTubeの場合はどうでしょう。まず問題としては、動画ファイル(MOV, MPG, AVI, WMV, 3GP, MP4, FLV, MKV...etc)をアップロードする必要があるということです。MySoundに上げているファイルはMP3ファイル、つまり音声ファイルです。このファイルを元に、どうにかして動画ファイルを作成しなければなりません。

またYouTubeにアップロードした動画は、映像は24Bit AVC/H.264 Baseline@2.1、音声はAAC 44.10kHz 2.0ch(2/0 L+R) LCというフォーマットに変換されます。ということは、MP3ファイルをアップロードしてもまたAAC形式に変換されてしまうわけです。つまりWAV→MP3→AACと2回のエンコードが発生してしまいます。MySoundではWAV→MP3と1回しかエンコードしていません。エンコードを2度繰り返した音声ファイルの音質が良いわけがありません。となると、WAV形式のままアップロードするしかありません。

纏めると、「音声ファイルはWAV形式のままで何らかの動画ファイルを作成しアップロードする」のが音質を保つ上で最適だということになります。さてどうやって動画ファイルを作るのか。

YouTubeを始めた頃「YouTubeとデジカメ」という記事に書いた経験がここで役に立ちました。映像だけのAVIファイルと音声のWAVファイルがあればMovie Operatorを使えば音声はWAV形式のままでAVIファイルを作成することができます(無圧縮で合体させるだけだから)。ということは、WAVファイルはもう手元にあるわけですから、あとは映像だけのAVIファイルを作ればいいということになります。

MP3Tube等のサービスでアップロードされた動画は1枚の静止画像だけだしどうも面白くない。ここはスライドショーのような映像をWAV音声に合体させたい。そこで静止画からスライドショーのAVIを作成できるツールがないかググってみたところ、ヨサゲなソフトが見つかりました。

このソフトを利用すれば複数の静止画を組み合わせて様々なエフェクトをかけたスライドショーAVIを作成できます。

スライドショーに入れたい静止画を読み込み、Setting欄でタイトルテキストやスライドの表示時間、エフェクトの種類、タイトルテキストを決めます。ここを工夫して右上のトータルタイムがWAVのそれと合うようにするのがポイントです。Settingで入力したら必ず右側の「Update」をクリックするのを忘れずに。そして準備が整ったら右中程の「Start Creation」をクリック。

出力ファイル名、それとVideo Codecのみを指定します(映像だけのAVIを作るので)。最後に下段左の「Start Creation」をクリックするとAVI作成が始まります。

映像のみのAVIが出来上がったらMovie OperatorでWAVと合体させて最終のAVIファイルを完成させます。これでおしまい(長い?)。今回作成したAVIファイルは246MBになりました。これをYouTubeにアップしてみると…

使っている静止画がグレーゾーンだ、という話はまあ横に置いておいて…(^^ゞ

おそらくYouTubeは音声を平均ビットレート128kbpsのAACに変換するみたいですね。でもまあこれは仕方がない、1回のエンコードで済むのですから。映像的にも音質的にもまあまあだと思うのですが…皆さんの参考になれば幸いです。

投稿日時 : 2009年10月12日(月) 20:30


コメント

コメントの投稿

(N)
… サイトを持っている人は是非
(C)
… 半角英数4文字以上。編集するかもしれない時は必須。

トラックバック

本記事へのトラックバック URL
http://primaryplanet.blog5.fc2.com/tb.php/320-9030226d


Search Form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。