Primary Planet


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿日時 : --年--月--日(--) --:--


真の天才

FM ラジオをボケ~っと聴いていたら、突然あの Michael Jackson の「Beat It」(from Thriller)がオンエアーされました。この Thriller は当時全世界で4600万枚を売り上げたモンスターアルバムでしたから知らない人の方が少ないでしょう。で、この「Beat It」という曲なのですが、プロモーションビデオが物凄くカッコよかったので好きでした。ダンスシーンで出演者全員が踊りまくるわけですが、その中でもやっぱりマイケルが一番うまかったですね。身体のキレが素晴らしいし、自信に満ち溢れたその勇姿を見ているだけで快感でした。

それともう1つ。曲の間奏として強烈なギターソロが収録されています。これ、当時は有名だったんですが、あの Edward Van Halen の演奏なんですね。しかもファーストテイクだったらしいです。スタジオに普段着でヒョコッと現れて、「本番いきま~す」と言った直後にあの素晴らしくとんでもないギターソロをぶちかまし、「お疲れさ~ん」と言って帰ろうとしたらしいです。そこでプロデューサーの Quincy Jones が、

ちょ、ちょっと待ってくれ。あと1回…あと1回だけ録らしてもらえないか?

と頼んだそうです。こんな具合じゃ確かに不安にもなりますよね。「OKっすよ」と言ったエディは速攻で2テイク目を録音したそうです。でも結局使われたのはファーストテイクの方だったんですね。

一発であんなソロが弾けるなんて…真の天才だと思います。

マイケルも天才だと思うんですが…復活することはないのかな…

言い訳
上の話は、昔のバンド仲間から聞いたものです。事の信憑性については責任は持てません。(^^ゞ

投稿日時 : 2005年07月03日(日) 17:44


コメント

コメントの投稿

(N)
… サイトを持っている人は是非
(C)
… 半角英数4文字以上。編集するかもしれない時は必須。

トラックバック

本記事へのトラックバック URL
http://primaryplanet.blog5.fc2.com/tb.php/70-0ad440ae


Search Form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。