Primary Planet


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿日時 : --年--月--日(--) --:--


パソコンテレビ視聴録 その1

1978年10月、オーストラリアのシドニーで行われたライブ。いや~久しぶりにロックに触れたような気がします。これですよ、これ。ロックを聴き始めた頃の背中がゾクゾクするようなあの感じ…音質ははっきり言って悪かったです。が、そんなことはどうでもいいと思わせる程熱いライブパフォーマンス。

"Waiting For An Alibi" を新曲だと紹介していたので、まさにノリにノッていた全盛期の THIN LIZZY だと言えるでしょう。メンバーは、まずはもちろん Phil Lynott (Vocal, Bass)、Scott Gorham (Guitar)、そしてあの Gary Moore (Guitar) です(ドラムは Brian Downey の代役だったみたい)。私、この頃の若い Gary Moore のギターが大好きなんです。あの頃の Gary のギターこそ私にとってのロックですね。ほとばしるエネルギー、どこまで上げてんの?状態のチョーキングビブラート、力任せの速弾き。迷いがありません。Van Halen も凄いけど、全くタイプが違います。

"Me And The Boy Were Wondering How The Girls Are Getting Home Tonight" という曲の冒頭で、Gary がドラムだけをバックに弾きまくるシーンがあります。これは圧巻。鳥肌が立ちました。ロックファンは絶対見るべきです。きっと震えますよ。

DVD も出てるみたいですね…明日、TUTAYA へ走っているかもしれません。(笑)

投稿日時 : 2005年08月07日(日) 16:21


コメント

コメントの投稿

(N)
… サイトを持っている人は是非
(C)
… 半角英数4文字以上。編集するかもしれない時は必須。

トラックバック

本記事へのトラックバック URL
http://primaryplanet.blog5.fc2.com/tb.php/85-4261ded3


Search Form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。