Primary Planet


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田中彬博 感謝祭 2012

ちょっと遅くなっちゃいましたけど、これは書いておかないと!ということで…

今月1日、伊丹のサロン・デ・サンスイ谷さん企画による「田中彬博 感謝祭 2012」が開催され、私も参加いたしました。当日は第一部において、(確か)11名のギター好きがアッキーと一緒にギターを弾くという趣向で行われました。こういうことができるのもソロギターの世界ならでは、と言えると思います。大好きなギタリストと一緒にギターを弾くなんて、普通なら夢のまた夢ですからね。

私は本当は「Lupin the Third」を練習して当日臨もうと思っていたのですが、練習時間が全く取れず断念(^^ゞ もう出たとこ勝負で行こう!と思い、なんとShoheiも交えてブルース・セッションします!と事前通告しておりました。ただこれも実際本当にやりたかったことなんです。プロの方とのブルース・セッションは過去に西村歩さん、そして伊藤賢一さんとやっていただいたことがあるのですが、とにかく自分が上手くなったような気になれるんですね。プロはリズムが素晴らしい。だからそう感じられるんだと思います。アッキー感謝祭なのに自分の為に選曲…(^^ゞ

リハーサルをちょっとさせてもらったんですが、まあキーはAでこんな雰囲気で、くらいのことしかやらず本番に臨みました。本番前にShoheiくんに「アキに関するキーワード、なんか3つください」と言われたので、適当にw3つ叫んでおきました。

で、本番。想いの外リラックスした演奏になったと思います。上手く弾こうとか全然なくて、とにかく音楽を楽しもうと…そんな感じになったのかなと思います。

年末にイイ思い出ができました。アッキー&Shohei、本当にありがとう!(*^。^*)


Aki Miyoshi 音楽の庭

全国をライブで駆け回ったりFACを主催されたりと、すっかり超売れっ子ギタリストになった Aki Miyoshi さんが、今月から毎週金曜日17:00~19:00に阪急うめだ9階 祝祭広場の「SORA X NIWA UMEDA」にて、「Aki Miyoshi 音楽の庭」というインターネットラジオを担当されています。私の職場からも比較的近い場所なので、先週の9日(金)は阪急うめだにおじゃまして、なんと、そのAkiさんの番組に出演させていただきました。びっくりしたわ~w

その9日の夜中にAkiさんとツイッターで話していたら、「来週僕は関東ツアーなんでNoriyaさん代行パーソナリティやりませんか?結構本気。」みたいなことを言われて、「やる言うたらどうなるんですか?」って冗談ぽく返してたら裏でDMが来て(笑)、「本気です」って書いてあって、「うーん、そらやりたいけどなー。でも俺でええのんか?」みたいな葛藤もあったのですが、こんなチャンスはもう二度とないだろうし、かなり酔っ払っていたこともありw、引き受けてしまいました。

ディレクターの方(あの「押し弾き」も担当されてるそうです!)から12日に電話はあったのですが、以降連絡がなかなか来なくてヤキモキしていました。そして本番前日の15日早朝ようやくメールが来て、当日の進行表のようなものが届きました。

…という感じの簡単な流れを書いてあるペーパーが3枚。(□。□-) フムフム。でもこれと音源だけじゃおそらく喋られへんやろなーと思って、選曲すると同時に自分なりの進行表も作りました。しかも時間がなくて当日の朝に(・_・; 3時間くらいかかりました。結構必死でした。流してもらう曲は全て順番どおりに1枚のCDにまとめました。

時間的にかなりタイトではありましたが、何とか準備して16日(金)当日の15:30からの打ち合わせに臨みました。阪急グランドビルの一室、ディレクターと二人で私が作った進行表を見ながら話しました。ディレクターと話していて思ったのは、やっぱりこの人プロやな、ってことです。私をリラックスさせるように、「この進行表を読む必要はありませんよ。これだけしっかり作っていただいているので、もう頭に流れは入ってるはずです。ポイントだけ思い浮かべながらその時々の自分の感じたことをそのまま喋ってもらう、そんな感じでいいんですよ。」とおっしゃってました。

「プロでもホントきちんと話をされて、上手い方は沢山いらっしゃいます。でも僕はそういうのを求めてないというか、あんまり面白くないんですよね。もっとその人の人柄が分かるような、そんな感じがいいんです。失敗しても全然かまいません。言い間違えても結構です。あとで修正すればいいんですから。」こういうことを言ってくれたので、物凄く気が楽になりました。約30分話した後、いよいよスタジオへ…

前週Akiさんの番組中に飛び入りさせてもらっていたので、スタジオの場所や雰囲気は分かっていたのですが、Akiさんがいつも座っている場所に自分が座るとなるとやはり気持ちが変わるというか、俺がやるんやな、と心が引き締まりました。でも不思議と緊張はあんまりしていませんでした。これは上で書いたディレクターさんとの打ち合わせがあったからだと思います。

スタッフの方に水を一杯もらい、喉を潤し、落ち着こうと努力しました。で、心がけとしては、ゆっくり喋ろう、とだけ思っていました。ゆっくり過ぎるくらいでいいと。伝えることが大事であると。早口じゃ伝わらない可能性がある。ゆっくり過ぎても最低伝わるだろうと。

「うわ、あと1分や!」

ここでグッと緊張が…。最初の一言目「Aki Miyoshi 音楽の庭」これをとにかく落ち着いてゆっくり言うことだけを考えていました。あとは野となれ山となれ…で、いよいよ17:00。

一言目、ちょっと声が小さかったかな?と思いましたが、徐々に声も出るようになっていったかな。とにかく必死になり過ぎないように、落ち着いてゆっくり…

後でディレクターに「Akiさんとの電話の後からグンといい感じになってきましたよ。」と言われました。知ってる人と話すことで一気にリラックスできたのかもしれません。

最初は2時間って長いよなーって思っていましたけど、終わってみればあっという間でした。曲をかけている時間帯はラジオなのでカフを落としてゆっくりできるから、緩急が自然と付くので喋り詰めってわけじゃないですからね。

最後は、ギター仲間の谷さん、西岡さん、まりもちゃんの3人をスタジオにお招きし、世間話を(笑) 他にも祝祭広場にまでわざわざ足を運んでくれた方が沢山いらっしゃいました。本当にありがとうございました。

当日流した曲リスト
  1. Aki Miyoshi - あいらんど そうる
  2. Char - Fraulein
  3. Ozzy Ozbourne (Guitar : Randy Rhoads) - Dee
  4. Van Halen - Spanish Fly
  5. Aki Miyoshi - Wave
  6. Led Zeppelin - Bron-Yr-Aur
  7. EXTREME (Guitar : Nuno Bettencourt) - Midnight Express
  8. 岡崎倫典 - めざめの瞬間 (The Acoustic Guitar 6 version!)
  9. 押尾コータロー - Fantasy!
  10. 西村歩 - 13フレットのオルゴール
  11. 田中彬博 - ルパン三世のテーマ '80
  12. ぷう吉 - Summertime
  13. わたなべゆう - 歌うたいのバラッド

終わってみたら、やはりドッと疲れがきましたね(爆) でも本当に貴重な体験をさせていただきました。こんな素敵なチャンスを与えてくれたAki Miyoshiさんにはとても感謝しています。Akiさん、本当にありがとうございました!

(生放送だったので、聴けなかった方もいると思いますが、連絡をいただければ音源を差し上げます(笑) お気軽にお尋ねください。)


Time in Cafe

Noblog - 西村歩さんの曲をみんなで弾こう!その2は9月末で終わってしまいましたが、西村歩さんの曲であと1曲だけ練習していた曲がありました。随分練習したにもかかわらずなかなかあの感じが出ないので封印していましたが、昨日チョロッと弾いてみたら割りといい感じになりそうな予感がしたので撮影してみました。

西村さんによると「おしゃれなカフェでティータイムをゆったり楽しんでいる雰囲気」で作ったらしいのですが、なかなかこの雰囲気が難しい。軽快で且つ早すぎでもなく遅すぎでもなく、心が楽しくほのぼのしているイメージを出さなくてはいけない。つまり大事なのはリズムです。ただ弾けるだけじゃダメなんですね。

口で言うのは簡単なんですが現実は…。少しでもそういう雰囲気を味わっていただければ幸いです。


名もなき花

Noblog - 西村歩さんの曲をみんなで弾こう!その2の受付最終日9月30日に、西村歩さんの「名もなき花」を投稿しました。

アルバム「Gratitude」のツアー、というか、去年のOpen-G合宿の時に初めて聴いてメチャクチャ感動した曲です。その時はまだ曲名が決まっていませんでしたが、「名もなき花」というタイトルが与えられました。曲想、アレンジ、展開、等々本当に素晴らしい楽曲だと思います。

力が入りすぎちゃって、途中右手親指が行方を失ったりしてますが、なんだか弾いてると気持ちが入ってしまうんですよね。もっと強弱をつけて弾けたらよかったかも。

ソロギターが好きな方にはぜひ弾いていただきたい曲です。


TOMORROW

Noblog - 西村歩さんの曲をみんなで弾こう!その2への投稿期限は今月末。まだアップしていない西村さんの曲はいくつかあるけど、やはりこれを演らないわけにはいかないだろう!というわけで撮ってみました。

西村さんのアルバム「Gratitude」の中でも、本人が「一番弾きにくい」と言っていた難曲「TOMORROW」です。しかしながら、この曲調がとっても好きなので何とか弾きたい。かれこれ半年以上練習してきました。先日(9月1日)の音太小屋ライブのラストでも弾いたのですが、ここはYouTubeにも上げておこうと思いました。

動画を見てもあまりわからないかもしれませんが、この曲、左手の運指がものすごくややこしいんです。右手もややこしい。とにかく弾きにくい。「ホントかあ?」と思う人は一度やってみてください。何がどう弾きにくいのかすぐわかるから。

今の精一杯の演奏って感じですね(^^;) 更に精進したいと思います♪



Search Form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。